表丹沢を知る

About Omote-Tanzawa

ルール・マナー

表丹沢は大部分が、自然公園法に基づき、「丹沢大山国定公園」と「県立丹沢大山自然公園」に指定されており、場所により法律で規制されている行為があります。表丹沢の貴重な自然を守り、誰もが気持ちよく楽しんでいただくためも、皆様のご協力をお願いいたします。

自然公園利用のルール

・動植物をとらないでください。石を持ち帰らないでください。生態系のバランスがくずれるだけではなく、あなたの次に訪れる人がそれらを見られなくなってしまいます。
・植生の衰退/消失、野生動物の誘引、山火事を防ぐため、キャンプやたき火は決められた場所以外ではしないでください。
・あなたの次に訪れる人が気持ちよく利用するために、施設は大切に使ってください。落書きは犯罪(器物損壊)です。

誰もが表丹沢を楽しく利用するためのマナー

登山道をはずれない

道に迷うだけでなく、植物が踏み荒らされ、土が削られ、崩れるおそれもあります。登山道から、はずれないようにしましょう。

トイレマナー

トイレがない場所もあるので、事前に済ませましょう。また、山岳公衆トイレを使用する際は、次の三つのルールを守りましょう。
①便器内に大小便以外のモノを投入しない。
②水流しは1回のみ。
③トイレチップ(利用料)100円を用意する。

ゴミの持ち帰り

ゴミのポイ捨ては、自然環境や景観、野生動物に影響を与えるおそれがあります。ゴミは捨てずに、持ち帰りましょう。

野生動物への餌やり

人に慣れるなど行動様式が変化することで生態系のバランスがくずれるおそれもありますので餌を与えるのはやめましょう。※クマやイノシシに出会った場合は、刺激を与えず、その場からゆっくり立ち去ってください。

ペット連れ登山

ペットは野生動物にとって大きな脅威となりえます。ペット自身の安全のためにも飼い主からはなれることがないようにしっかり管理しましょう。

トレイルランニング(スポーツ・趣味でランニングを楽しむ方へ)

追い越し、すれ違いのときや混雑時、ぬかるんだ場所では歩きましょう。

無理のない行動計画の策定

自然公園を利用する際は事前に情報収集したうえで、無理のない行動計画を立て、自己責任で行動しましょう。また、家族や知人などに行き先を告げ、登山計画書を提出するなど、行き先を知らせておきましょう。

自然や施設に配慮した登山道具の使用

危険のない限りはストックにはゴムキャップを付け、雪面以外でのアイゼンの使用を控えるなど、登山道具使用の際は自然や施設を傷めないよう注意しましょう。

RELATED ARTICLE

関連記事

安全管理

表丹沢は都心からのアクセスが良く、登山やハイキングなど、様々なアクティビティを楽しめます。しかし、やせ尾根や鎖場のある険しい山もあり、毎年、遭難事故が絶えません。過信せずにゆとりある行動計画を立て、装備を万全にしてお出か […]

表丹沢について

丹沢は神奈川県の北西部に位置し、標高1,000~1,600メートルほどの山々が、東西へ約40キロメートル、南北へ約20キロメートル連なる山塊で、その主脈にある塔ノ岳を最高峰にその南側、東西に連なる山並みが表丹沢と呼ばれま […]

アクティビティについて

表丹沢では、標高によって、森林や里地里山の恵みとふれあえるさまざまな山岳・里山アクティビティを体験することができます。奥山から山地にかけては、登山や沢登り、ヒルクライムなどの本格的な体験が楽しめます。一方、麓に広がる里地 […]

表丹沢の自然

ブナやカエデ、クヌギなどの樹林が茂る山中には、ニホンジカやノウサギのほか多くの鳥獣類なども棲息しています。林間や山陵では春にはシロヤシオツツジやトウゴクミツバツツジ、アセビなどの花々が咲き、秋になるとカエデやツツジ類など […]

表丹沢おすすめ服装ガイド

表丹沢は麓の里山から標高1,000メートルを超える山々の山頂まで、標高によってさまざまな外あそびのアクティビティが楽しめます。標高やアクティビティの内容によって服装も変わるため、事前にしっかり準備しましょう。 里山エリア […]