表丹沢を知る

About Omote-Tanzawa

表丹沢の自然

ブナやカエデ、クヌギなどの樹林が茂る山中には、ニホンジカやノウサギのほか多くの鳥獣類なども棲息しています。林間や山陵では春にはシロヤシオツツジやトウゴクミツバツツジ、アセビなどの花々が咲き、秋になるとカエデやツツジ類などの木々が紅葉して山の季節を彩ります。

表丹沢で見られる植物

春:3~5月

まだ肌寒い3月頃、山麓では瑠璃色のヤマルリソウが咲き始め、春の訪れを告げます。目線に近い高さには、神楽を舞っているように見えるピンク色のウグイスカグラが咲いているかもしれません。4月、林縁をヤマブキがその名のとおり山吹色に染めます。5月、表丹沢の稜線近くでは、登山者が登山の目的にするほど人気のシロヤシオが白い花を咲かせます。

夏:6~8月

6月の終わり、登山道脇にヤマオダマキが咲き始め、盛夏の頃まで楽しめます。7月、大輪の白い花ヤマユリが一服の涼を与えてくれます。7月から8月にかけて、表丹沢の稜線部ではシモツケソウが淡紅色の花を花火のように咲かせます。沢沿いなどでは、球形の蕾が特徴のタマアジサイが咲き始め、秋の訪れまで目を楽しませてくれます。

秋:9~11月

秋は様々な菊の仲間が咲き誇ります。9月頃、山野の日当たりのいいところに咲くノコンギク。白い花の野菊の仲間は他にタテヤマギクやシロヨメナ、リュウノウギクなどがあります。黄色い花はアキノキリンソウ。多数の花を付けます。山麓から稜線部まで広い範囲に咲くタイアザミは11月頃まで楽しむことができます。登山道を彩るリンドウは、9月から11月頃まで咲いています。

冬:12~2月

冬枯れの森に紅色の花を咲かせるヤブツバキは12月頃から咲き始め、春まで、そこかしこで咲いています。花が乏しい2月頃から咲き始めるオニシバリやアセビも標高が上がるとともに春まで楽しむことが出来ます。2月の終わり、緑色の葉が地面に色を添えるムカゴネコノメをよく見ると、中心に黄色い花を咲かせています。ネコノメソウの仲間は、早春の代名詞です。

表丹沢に生息する動物

大型哺乳類

表丹沢でよく出会える動物はニホンジカです。オスもメスも、夏毛は鹿の子模様に生え変わり、冬毛は灰褐色になります。角があるのはオスのみです。運が良ければ出会えるのはカモシカで、崖の上などからそっとこちらを覗いているかもしれません。警戒心が強く出会う機会が少ないのはイノシシです。登山道脇の土を掘り起こしたり、ここを通ったよ、という証拠が見つかります。

中型哺乳類

昔話でおなじみのタヌキとキツネも表丹沢の森に暮らしていますが、なかなか出会う機会はありません。特にキツネはめったに出会えない存在です。足跡や糞などの痕跡から存在を確認することが多い生き物です。

小型哺乳類

アカマツやオニグルミの多い森の中、運が良ければ昼行性のニホンリスに出会えるかもしれません。松ぼっくりやクルミの種子が大好物です。草原の減少とともに出会う機会は減りましたが、ノウサギも生息しています。背丈の短いササの葉をナイフで切ったような食べ痕が見つかるかもしれません。

表丹沢に生息する鳥

留鳥

一年をとおして表丹沢で暮らすのはエナガやミソサザイなど。エナガは群れで行動することが多く、「ジュリジュリ」という囁き合うような声が聞こえたら、枝から枝へ餌を探して飛び回っているかもしれません。ミソサザイは春早い頃から小さな体の割に大きく複雑な声でさえずります。登山中、知らず知らずのうちに、きっと耳にしているはず?

夏鳥

春から秋にかけて日本で繁殖する夏鳥。その代表種と言えば、なんといっても瑠璃色のオオルリと黄色のキビタキでしょう。オオルリは木のてっぺんで囀ることが多く、キビタキは森の中に溶け込むようにいます。どちらも姿だけでなく囀りが美しいのが特徴です。

冬鳥

秋から春を表丹沢で過ごす冬鳥。出会える機会が多いのはジョウビタキです。黒い羽に白い紋、オスはお腹がオレンジ色なのが特徴です。一方、すぐそこにいるはずなのに、なかなか姿が見られないのがシロハラです。落ち葉をカサコソ探る音が聞こえたら、探してみてください。

表丹沢の自然に関する写真や情報は、神奈川県立秦野ビジターセンターからご提供いただいています。
神奈川県立秦野ビジターセンター http://www.kanagawa-park.or.jp/tanzawavc/
 【開館時間】 午前9時~午後4時30分
 【休 館 日】 年末年始(12月29日~翌年1月3日)
 【お問合せ】 0463-87-9300

RELATED ARTICLE

関連記事

表丹沢について

丹沢は神奈川県の北西部に位置し、標高1,000~1,600メートルほどの山々が、東西へ約40キロメートル、南北へ約20キロメートル連なる山塊で、その主脈にある塔ノ岳を最高峰にその南側、東西に連なる山並みが表丹沢と呼ばれま […]

安全管理

表丹沢は都心からのアクセスが良く、登山やハイキングなど、様々なアクティビティを楽しめます。しかし、やせ尾根や鎖場のある険しい山もあり、毎年、遭難事故が絶えません。過信せずにゆとりある行動計画を立て、装備を万全にしてお出か […]

アクティビティについて

表丹沢では、標高によって、森林や里地里山の恵みとふれあえるさまざまな山岳・里山アクティビティを体験することができます。奥山から山地にかけては、登山や沢登り、ヒルクライムなどの本格的な体験が楽しめます。一方、麓に広がる里地 […]

表丹沢おすすめ服装ガイド

表丹沢は麓の里山から標高1,000メートルを超える山々の山頂まで、標高によってさまざまな外あそびのアクティビティが楽しめます。標高やアクティビティの内容によって服装も変わるため、事前にしっかり準備しましょう。 里山エリア […]

ルール・マナー

表丹沢は大部分が、自然公園法に基づき、「丹沢大山国定公園」と「県立丹沢大山自然公園」に指定されており、場所により法律で規制されている行為があります。表丹沢の貴重な自然を守り、誰もが気持ちよく楽しんでいただくためも、皆様の […]